仕事の保健室

働くみんなに送る、パペットキャリアカウンセリング!

文章力と読書量は比例するか

こんにちは。

 パペットを使ってキャリアコンサルティングの普及を目指していた

仕事の保健室管理人、さくらです。

 

自己紹介はこちら

  

学生のキャリア支援で、エントリーシートや履歴書の添削をしていて思うのは、

文章による表現力の差はどうやって出るのだろう

ということです。

同じ大学、同じ学部でも人によってかなり差があります。

私は読書量と比例していると仮定したのですが、必ずしもそうではないようです。

個人的な所感だと

吸収力の高さ、応用力があるか

ですね。就活サイトの見本や、履歴書作成セミナーなどでコツを掴んでオリジナルに変換できる人の文章が読みやすく伝わりやすいです。

もちろん、読書が好きだったり、文章を書くのが得意という学生も上手に書きます。ただ、就活用の書き方(自己PRの結論ファースト、具体的エピソードの構成など)があるので、それを理解しないでいるとやはり伝わりにくいです。

その辺りのコツはキャリアコンサルタントが詳しく知っているので、大学のキャリアセンターをどんどん活用しましょう!

f:id:shigotonohoken:20201118171734p:plain

 

仕事に関する質問やご相談があれば、お気軽にメールください!

(shigotonohoken※gmail.com

※→@に変換して送信下さい。