仕事の保健室

働くみんなに送る、パペットキャリアカウンセリング!

良い企業の見つけ方(大手以外で)

こんばんは。 

 パペットを使ってキャリアコンサルティングの普及を目指していた

仕事の保健室管理人、さくらです。

 

自己紹介はこちら

  

タイトルの質問、就活生からよく聞きますね。

これは聞かれて困る質問ナンバーワンだったりします。

というのも

何をもって良い企業といえるのか

人によって違うからです。

とにかく給料が良い

完全週休2日

ボーナスがある

退職金がある

安定している

女性が長く働ける

責任ある仕事を早くから任せてもらえる

などなど。

あなたにとって

働く上で譲れないことは何か

重要視していることは何か

明確にしてその条件で絞っていけば、良い企業は見つかります。

 

1番お勧めするのが

モーニングサテライト

ワールドビジネスサテライト

ガイアの夜明け

カンブリア宮殿

などマメにチェックすることです。特にニュース番組では、隠れ優良企業が取り上げられています。これも長期的に見ていないと情報は集まらないので、大学生になったらチェックして欲しいです。

 

仕事に関する質問やご相談があれば、お気軽にメールください!

(shigotonohoken※gmail.com

※→@に変換して送信下さい。

 

働くってなんだろ

 こんばんは。

 パペットを使ってキャリアコンサルティングの普及を目指していた

仕事の保健室管理人、さくらです。

 

自己紹介はこちら

  

 

今日は基本の基本に立ち返って、

働くこと

についてです。

なぜ働くのか?

お金を稼ぐため

が1番の理由ですよね。

で、じゃあどうやってお金を稼ぐのか?

売るのか作るのか支えるのか

で、皆さん就職活動したり転職や副業をするわけです。

自分の能力、スキル、人脈などを使ってお金を生み出す

といった表現のほうが正しいかもしれません。

今の時代、メルカリで物を売ったり、ウーバーイーツで配達したり、

お金を得る手段はたくさんあります。

正社員で働くだけがお金を稼ぐ手段ではない

という視点を持つと、世界がガラッと変わって見えます。

あなたは自分のどんな能力をお金にしますか?

 

仕事に関する質問やご相談があれば、お気軽にメールください!

(shigotonohoken※gmail.com

※→@に変換して送信下さい。

 

新型コロナウイルスでもリモートワークが浸透しない日本

こんばんは。 

 パペットを使ってキャリアコンサルティングの普及を目指していた

仕事の保健室管理人、さくらです。

 

自己紹介はこちら

  

昨日は久しぶりの夜飲みでブログもやっつけという事態になってしまいました。

近場の飲み屋街で軽く飲んできたのですが、若い人を中心に人が多い多い。電車もぎゅうぎゅうでコロナ前の週末と何ら変わりない光景でした。

 

で、仕事も緊急事態宣言解除と同時にリモートワークもなくなり、通常出勤の会社も増えていますね。働き方改革の一環として進められてきたリモートワーク。コロナが定着のきっかけとなるかと思ったのに。なんだかなと思います。

日本の企業は、本当に社員を大事にしているんだろうか?

ここ数年、ずっと疑問に感じていることです。

「PCの手配や設定が面倒」「セキュリティリスクが」などなど

事情は色々あるとはいえ、できない理由ばかり並べて、社員の感染リスクについて真剣に考えているように思えません。

企業というか国もですが、もう社員や国民を守る気力も財力もなくて

自分の身は自分で守る

中国のようになってくのではと思っています。

家族や血縁の繋がりが強くなるかもしれませんね。

 

f:id:shigotonohoken:20201120173333p:plain



 

仕事に関する質問やご相談があれば、お気軽にメールください!

(shigotonohoken※gmail.com

※→@に変換して送信下さい。

 

内定をもらう学生の特徴

 こんばんは。

 パペットを使ってキャリアコンサルティングの普及を目指していた

仕事の保健室管理人、さくらです。

 

自己紹介はこちら

  

今日はこれまで就活生のキャリア支援をしていて、内定を取る学生の特徴をいくつか挙げてみようと思います。

学歴優秀とか、英語ペラペラなど「そりゃ企業もほしいよね」というわかりやすい特徴ではなく、内面的な部分に絞ってです。

 

素直

これは就職支援に携わるキャリコン全てが言いますね。素直な学生は就活中にどんどん企業や私達のアドバイスや結果を受けて成長していくし、伸び代を感じます。

 

感謝できる

内定をもらったと報告をしてくれた時に「キャリアセンターの皆さんのおかげです」と感謝を述べられる学生さん。後付けですが、こういうことがしっかりできる方は人気企業から内定をもらっています。

 

ポジティブ

コロナだから、女子学生は不利、など状況のせいにせずできる範囲の中でできることをする! という前向きな学生。仕事においても制限のある中でどうするか? という場面が多々あります。そういった時にポジティブな思考を持った人は強いです。

 

以上、個人的所感ですがご参考までに。

 

仕事に関する質問やご相談があれば、お気軽にメールください!

(shigotonohoken※gmail.com

※→@に変換して送信下さい。

 

最終面接にて「弊社は第一志望ですか?」と聞かれたら

 こんばんは。

 パペットを使ってキャリアコンサルティングの普及を目指していた

仕事の保健室管理人、さくらです。

 

自己紹介はこちら

  

新年度になり、電車も混んできましたね。

コロナ前が100だとしたら、朝のラッシュは70くらいまで戻ってきた感じがします。

そんな中、就職活動中の学生たちの動きというと3月1日の本選考開始でエントリーした企業から早いところは内々定が出ている状況です。

 

で、学生からはこのような相談が増えてきます。

「最終面接で正直に第一志望ではないと言っていいか?」

正解は

「だめです」

最終面接まで行ったら嘘でも第一志望と答えましょう。百歩譲っても

「まだ他社の選考や説明会を控えているので、はっきりとは言えませんが現時点では御社を第一志望にしております」

くらいは言いましょう。

 

「なぜ、嘘をつかないといけないのか?」

真面目な学生は聞いてきます。

たしかに。正直に答えるのがお互いのためでもありますよね。

私もこの質問に対しては同感に思っていました。狐と狸の化かし合いみたいなのやめようよって。でもとある方に

「社会人になったらその程度の本音と建前を使い分けられるようじゃないとやっていけないよ」

と言われて納得したのです。

本 音 と 建 前

営業職なら本音だけじゃ勤まらないし、事務職の電話応対でも離席ひとつにして「トイレに行ってます」とかバカ正直に言ったら怒られますよね。

ちょっと飛躍し過ぎなところもありますが、上手に本音と建前を使い分けられるかという部分も最終面接での確認事項です。

ちなみに、内々定後、内定承諾書提出後も辞退は可能なので、あまりシリアスに考えないでくださいね。

 

f:id:shigotonohoken:20200812105429j:plain

仕事に関する質問やご相談があれば、お気軽にメールください!

(shigotonohoken※gmail.com

※→@に変換して送信下さい。

 

キャリア支援センターでわかる、できる学生できない学生

こんばんは。 

 パペットを使ってキャリアコンサルティングの普及を目指していた

仕事の保健室管理人、さくらです。

 

自己紹介はこちら

 

仕事ができるかできないか、気が利くか利かないか。

キャリア支援センターに相談に来る学生は開始1分でキャリアカウンセラーに見抜かれています。

さて、どこから。

 

カウンセラー(以下カ「今日はどんなご相談ですか?」

学生(以下学「はい、模擬面接をお願いします」

カ「わかりました。模擬面接ですね」

学「はい」

カ「……。」→この時点で察します。

 

はい、そうなんです。この学生、模擬面接としか伝えてくれません。

何のためにこの面談で模擬面接をしたいのか、どういった希望があるのか、こっちが聞くまで待っているパターンです。

できる学生は

 

カウンセラー(以下カ「今日はどんなご相談ですか?」

学生(以下学「はい、あさって株式会社仕事の保健室という人材派遣会社で最終面接があるので、模擬面接をお願いします」

カ「わかりました。模擬面接ですね」

学「はい。個人面接で面接官は3人、対面で時間は30分だそうです。質問と答えにズレがないか、話し方がカジュアル過ぎないかを注意してチェックしてください」

 

と、詳細と希望をこちらが聞く前に教えてくれます。

学生からしたら当たり前の情報でも、初見のカウンセラーは状況がわかりません。

・いつ

・どの会社(知名度が低ければ業界も)で

・何次面接で

・個人か集団化

・webか対面か

・時間はどのくらいか

最低限、このあたりの情報がないと、模擬面接をしても適切なフィードバックができない可能性があります。

そこを理解して(まさに相手の立場に立って考えて)くれる学生さん

む、できるな!

と思います。

こういったささいなところを面接でもチェックされています。エントリーシートも同じです。相手の立場に立って

わかりやすいか

伝わりやすいか

考えて行動しましょう!

 

 

仕事に関する質問やご相談があれば、お気軽にメールください!

(shigotonohoken※gmail.com

※→@に変換して送信下さい。